顔エラ予防☆翼突筋をほぐす

小顔になろう!小顔法!マッサージ・エクササイズ!

あなたもなれる小顔に!あなたに合った小顔術が見つけられる!

▼MENU

顔エラ予防☆翼突筋をほぐす

《 エラ張りを予防する 》

エラ張りを予防するには、深層筋である
内外の翼突筋(よくとつきん)をほぐすと効果的。

顔の表面からのマッサージだけでは、
なかなかほぐすことができない深い部分にある

外側翼突筋と内側翼突筋をほぐしていきます。

これによってエラが張るのを防ぐとともに、顔の左右のバランスも改善される。


《 翼突筋ほぐしのやり方 》

外側翼突筋と内側翼突筋を、口の中からほぐしましょう☆

1,口の中で、親指を頬骨の下あたりの骨の切れ込みの手前に置き、

  外側から指を揃えてその部分をつかみます。

2,切れ込み付近のイタ気持ちいい部分を、指を少しずつずらしながら、

  小さな円をえがくように押していきます。

※左右それぞれ5回ずつ行います


《 外側翼突筋(がいそくよくとつきん)とは 》

奥歯で食べ物をすりつぶしたり、口を開けるときに使う筋肉。


《 内側翼突筋(ないそくよくとつきん)とは 》

奥歯で食物をすりつぶしたり、下あごを持ち上げたり開いたりする筋肉。


  • SEOブログパーツ

肌のたるみ/ほうれい線が出来る根本の原因

小顔法

小顔エクササイズ

小顔マッサージ

小顔メイク

小顔のなぜ?

小顔エラ張り

お肌のお手入れ